初めてのフレンチレストラン

先週、友達と初めてフレンチレストランで食事をしてきました。食べることの大好きな私と友達はよくふたりで色々なお店へ食事に出かけるのですが、神楽坂のフレンチレストランは初めての経験なので、ふたりともマナーなどのことで少し緊張しながらお店に入りました。

店内に入ると、少し暗めの落ち着いた証明で、テーブルが綺麗にセッティングしてあり、テレビなどでよく見るような雰囲気の素敵なお店でした。テーブルの上に綺麗に並べられたフォークやナイフを見て、私たちはやはりマナーなどあまり知らないと恥ずかしい思いをするかな?と不安に思いましたが、周りのお客さんをチラリと見ると、そこまでかたくるしいマナーなどにはこだわっていない食べ方のように見えたので、少し安心しました。

料理がいざ運ばれてくると、一応のマナーとしてあまり音を立てないよう気を配りながら、食事をしました。

スープ、前菜、オードブルと運ばれてくる度に、その食材の盛り付け方に感動させられっぱなしでした。

ふたりとも、まずはゆっくり眺めてからその料理を楽しみました。

どれも美味しくて、その計算された味に満足しました。

メインの料理は一番手の込んだ料理法と飾りつけがされていたので、崩してしまうのがもったいないと思うほどでした。デザートまで間食し、大満足でお店を出ていきました。最高のランチになりました。

よくわからないけれどオシャレなフレンチ

私にとって、オシャレだけれど実はどういうものかよくわからないのが「フレンチ」です。和食、中華料理などと同じように料理の種類としてもっともよく聞かれるのが「フレンチ」だと思いますが、「では代表的なフレンチは?」と聞かれると答えられない人も多いのではないでしょうか。

和食と言えば、お寿司や天婦羅、中華と言えば棒棒鶏や餃子、韓国料理と言えばチャプチェやプルコギ、イタリアンと言えばパスタやピザ、スペイン料理と言えばパエリアやアヒージョ、ではフレンチと言えば・・?

調べてみても、肉料理や魚料理といったコース料理をさすことが多いようで、その調理方はあっても料理自体に名前はなかったり、あっても聞き慣れないものが多いようです。料理自体をさすのではなく、「献立」をさす場合が多いのではないでしょうか。

結局どんな料理なのかよくわからなくても、結婚式やオシャレなレストランでは「フレンチのコース」が多いように思います。様々な食材を様々な調理方で料理したオシャレな献立、フレンチ。よくわからなくても、オシャレな場所で美味しい物が食べられるのなら、それでいいか、とも思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です