フレンチの代表格フランス料理のマナー

“フレンチといえばルールが難しそうと敬遠しがちなフランス料理が浮かびますね。いろんなフォークがたくさん置いてあるし、食べ方も色々あるしそもそもスプーンやナイフやフォークの使い方にあまり自信が無い……そう考える方が多くいると思います。人生の中で華々しいイベントにつきものなフレンチですが、これだけは覚えておくというルールさえ押さえておけば変な緊張をせずお料理を美味しくいただけます。
まずはじめに席をつくときは女性からです。出入口から離れた席や夜景の見える席は女性に先に譲りましょう。次にナプキンのつけるタイミングですがこれはオーダーした後がよいとされています。またお皿の上に立ててある場合はメニューが開きにくくなるのでこの限りではありません。
パンを食べる際にもいくつか注意が必要です。これはほぼ常識ですがパンをスープにつけたりしてはいけません。またパンでバターをすくいとるようなこともしてはいけません。ナイフでパンにつけ、1口ずつちぎって食べます。固めのパンですのでくずが落ちるのは仕方のないことです。あとで綺麗にとってもらえますので、間違っても手で払って床に落とさないようにしましょう。
食べ終わったらフォークやナイフを右下に揃えます。フランス式では横に揃えるやり方もあるそうです。
これらのことに最低限注意すれば常識のない人だとは思われないでしょう。お料理を味わうためにもこの程度はしっかり覚えておきたいですね。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です